桂離宮

桂離宮

桂離宮は、八条宮 智仁親王が1615年に着手し47年の歳月を掛けておおむね完成させたとされる別荘です。その広さは約7万平方メートルと広大です。

日本庭園美の集大成といわれていて、ドイツの建築家ブルーノ・タウトが桂離宮を絶賛し有名になりました。

現在は宮内庁が管理していて、参観するには事前に申し込みが必要となっています。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで桂離宮について調べる。

写真

googleで桂離宮の画像を検索

地図

〒615-8014 京都府京都市西京区桂御園

大きな地図で見る

「桂離宮」近隣の観光名所、施設

  • 吉祥院天満宮:吉祥院の天神さんと呼ばれる、初めての天満宮です。934年に創建されました。

地蔵院(竹の寺)

地蔵院(竹の寺)

地蔵院は、竹の寺として親しまれる臨済宗系の単立寺院です。

幼少の頃、一休さんで有名な「一休宗純」がここで過ごしたとされています。
参道から本堂に至るまで、周囲を竹に囲まれているため、竹の寺と呼ばれています。

「十六羅漢の庭」と呼ばれる、16の自然石を配した美しい枯山水のが有名で、市指定文化財に指定されています。
また、銅造千手観音坐像が重要文化財に指定されています。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで地蔵院(竹の寺)について調べる。

写真

googleで地蔵院(竹の寺)の画像を検索

地図

〒615-8285 京都府京都市西京区山田北ノ町23

大きな地図で見る

「地蔵院(竹の寺)」近隣の観光名所、施設

  • 華厳寺(鈴虫寺):華厳寺は5万匹の鈴虫を毎年育てています。一年中鈴虫の鳴き声がたえないため鈴虫寺と呼ばれています。
  • 西芳寺(苔寺):世界文化遺産に登録された寺院です。庭一面を苔が覆っています。庭園は特別名勝に指定されています。

華厳寺(鈴虫寺)

華厳寺(鈴虫寺)

鈴虫寺
鈴虫寺
華厳寺は、鈴虫寺の名で親しまれている、臨済宗の寺院です。

華厳寺では毎年5万匹の鈴虫を育てていて、年間を通して鈴虫の鳴き声が絶えないため鈴虫寺と呼ばれています。

地元で有名な鈴虫説法の時には、拝観者に茶菓をもてなし、堅苦しくない雰囲気で僧侶が話を聞かせてくれます。

また、何でも一つ願い事をかなえてくれる日本でたった一つわらじを履いたお地蔵さん「幸福地蔵」や、いろんな種類の竹を集めた庭園など見どころも十分です。

また恋愛成就の寺として有名です。

ホームページを見ていると、お坊さんたちが楽しそうだなって思いました。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで華厳寺(鈴虫寺)について調べる。

写真

googleで華厳寺(鈴虫寺)の画像を検索

地図

〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31

大きな地図で見る

「華厳寺(鈴虫寺)」近隣の観光名所、施設

  • 西芳寺(苔寺):世界文化遺産に登録された寺院です。苔が覆っている庭園は特別名勝にしていされています。
  • 地蔵院(竹の寺):一休さんがこと一休宗純が子供の頃過ごしたと伝えられています。周囲を竹に囲まれているため竹の寺と呼ばれています。

西芳寺(苔寺)【世界遺産】

西芳寺(苔寺)【世界遺産】

西芳寺(さいほうじ)は、世界文化遺産に登録されている、苔に覆われた美しい庭園を持つ臨済宗の寺院です。このため、苔寺という名前で広く知られています。

奈良時代の高僧、日本で初めて大僧正の位に就いた「行基」が開創したと言われています。
伝承では飛鳥時代には西芳寺のある場所に聖徳太子の別荘があったそうです。

以前は素晴らしい庭園だったそうですが、近世から苔がはえ始め、庭一面を覆ってしまいました。黄金池(心字池)を中心とした回遊式庭園があり、特別名勝及び史跡になっています。

世界的に有名なアップルのスティーブ・ジョブズ氏もここが好きで家族とともによく西芳寺を訪れていたんだとか。

拝観するには事前の申し込みが必要です。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで西芳寺(苔寺)について調べる。

写真

googleで西芳寺(苔寺)の画像を検索

地図

〒615-8286 京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56

大きな地図で見る

「西芳寺(苔寺)」近隣の観光名所、施設

  • 華厳寺(鈴虫寺):なんと、5万匹もの鈴虫を毎年育てている、年中鈴虫の鳴き声がたえない寺です。鈴虫説法を是非聴きに言って下さい。
  • 地蔵院(竹の寺):アニメでおなじみ、「とんちの一休さん」が子供の頃過ごしたと伝えられている寺です。参道から本堂まで、綺麗な竹に囲まれています。