【B】二条城の東南隅櫓

二条城の東南隅櫓
二条城の東南隅櫓

二条城は江戸時代に造営された城でユネスコの世界文化遺産に登録されています。
この二条城の東南隅櫓は二の丸御殿と共におなじみの建物で、二条城のガイドブックなどで、二の丸御殿と同じくよく掲載される現在の残る建造物です。
二層の小さな櫓ですがその存在感は高く、二条城を訪れた観光客がまず最初にカメラに収める建物といっても言い過ぎでもないでしょう。
この東南隅櫓は、慶長7年から慶長8年(1602年~1603年)に造られ、寛永2年から寛永3年(1625年~1626年)に改修されました。四角い敷地を持った二条城には、四隅にそれぞれ櫓がありましたが、大火によって二つが焼失し、現在は東南隅櫓と西南隅櫓だけが残っています。

元離宮二条城【世界遺産】

元離宮二条城【世界遺産】

二条城
二条城
二条城は徳川家康が京都の宿所として築城した城です。
世界文化遺産に登録されました。

家康はここで将軍就任の祝賀の儀をおこないました。また大阪の役では家康の本営にもなりました。

幕末には、大政奉還が行われたことで脚光を浴びました。

「元離宮二条城」近隣の観光名所、施設

  • 神泉苑:公式行事として1200年前に初の花見が行われたところです。
  • 京都御苑・御所:御所は京都市のほぼ中心にあり、東京遷都まで皇居があった場所です。
  • 晴明神社:日本独特の陰陽道を確立した安倍晴明を祀った神社です。安倍晴明は映画「陰陽師」で有名で、ファンの参拝が増えているとか。
  • 西陣織会館:有名な京都の伝統産業である「西陣織」をPRするための施設です。西陣織の資料を観たり、着付け体験などもできます。
  • 壬生寺:新撰組ゆかりの寺で、壬生塚といわれる新撰組隊士の墓があります。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで元離宮二条城について調べる。

写真

googleで元離宮二条城の画像を検索

地図

〒604-8301 京都府京都市中京区二条城町541

大きな地図で見る