【B】伏見稲荷大社の楼門にいるキツネ

伏見稲荷大社のキツネ
伏見稲荷大社のキツネ
 伏見稲荷大社といえば有名なのは、鳥居が無数に並びまるでトンネルのようになっている千本鳥居ですが、稲荷大社である以上きつねを無視することはできません。(^^)

 重要文化財に指定されている伏見稲荷大社の楼門前には、狛犬のように門の前に座るきつねの像が置かれています。左のキツネは鍵を、右のキツネは宝珠をくわえています。稲荷山には多くのキツネが祀られて、それぞれ違うものをくわえているそうです。

 千本鳥居を通った後は、いろんなキツネを探してみるもの楽しい観光の思い出になると思います。

伏見稲荷大社のキツネ
伏見稲荷大社のキツネ

【B】嵐山花灯路

嵐山花灯路
嵐山花灯路
 嵐山、嵯峨地区で行われる光のイベントです。毎年12月中旬に行われます。12月に行われる光のイベントでは神戸のルミナリエが有名ですが、嵐山、嵯峨のイベントはルミナリエと違い、実に京都らしい特徴を持っています。

 それは花灯路の名前の通り、約2500の行灯を灯し名所「嵐山」をライトアップするのです。道の長さは約5kmもあり、古都の雰囲気を十分楽しむことができます。「思わず歩きたくなる路」にしたいというのが、主催者側が目指しているテーマだそうですが、写真を見ればすでにそのテーマは達成されているように思います。

 点灯時間が17:00~20:30(2014年)と短いので、観光に行くときは気をつけてください。

【B】京都の夜景

京都の夜景
京都の夜景
 古都京都の夜景です。詳しくは分かりませんが、京都駅の手前右側に京都タワーが見えるので東山方面から見た景色だと思います。

 京都は高い建物が無いため、他の都市の夜景に比べるとやや平坦な感じがします。でもその平坦さが昔の面影をしっかりと残していて、貴重だと思います。

 さらに高い場所から見ると、綺麗に碁盤の目の様になっているのがわかります。京都タワーへ夜景を観に行くのもいいかもしれませんね。

【B】京都駅から見る京都タワー

京都駅から見る京都タワー
京都駅から見る京都タワー
 京都駅は今の駅舎が4代目になります。平安遷都1200年の記念事業として1994年に建てられました。日本有数のターミナル駅で、日本屈指の観光都市「京都」の玄関口に相応しい巨大で綺麗な駅舎です。

 この京都駅から見える古都京都のシンボル「京都タワー」は、非常に美しく見えます。やはり京都タワーは昼よりも夜の方が見ごたえがあると私は思います。

 ちなみに京都タワーは京都で一番高い建造物です。各都市の多くのシンボルタワーは、高層ビルや高層マンションに抜かれ、高い建造物というイメージが薄れてしまいましたが、京都タワーはいつまでも京都一高い建造物のままでいてほしいと私は思います。

【B】春の金閣寺

金閣寺の春
金閣寺の春
 サクラの咲くころの金閣寺です。京都には桜の名所がたくさんありますが、金閣寺の周辺にはあまり桜の木は無いようです。

 それでも、少しピンクの花が見えるだけで春だなって思ってしまうのは、桜にはそれだけの存在感があるからでしょう。黄金色と桜は絵になります。
 ちなみに金閣寺には松の木が多いそうです。

 春の京都観光は、やはり桜の花が咲くころが良いと私は思います。

【B】銀閣寺 銀沙灘

銀閣寺 銀沙灘
銀閣寺 銀沙灘
 銀閣寺には銀沙灘(ぎんしゃだん)と呼ばれる砂を盛り上げて作った相撲の土俵みたいなものがあります。(形は違いますが。)こも盛り上げて作った砂の上は縞模様になっています。(うまく説明できないので写真を参照してください。)

 銀沙灘の上には向月台(こうげつだい)と呼ばれる円錐台形の砂の台があります。昔はここに座って月を眺めたんだとか。すごく風流な感じがしますね。銀閣寺に行った時はぜひ銀沙灘と向月台も見学して下さい。