醍醐寺【世界遺産】

醍醐寺【世界遺産】

五重塔(醍醐寺)
五重塔(醍醐寺)
醍醐寺(だいごじ)は、世界文化遺産に登録されている、多くの国宝、重要文化財をもつ真言宗醍醐派総本山の寺院です。

醍醐寺の寺域は醍醐山すべてで、その境内はとても広大です。
醍醐寺は上醍醐と下醍醐に分かれています。下醍醐では豊臣秀吉の一世一代の大行事「醍醐の花見」が行われました。その規模、約1300名。秀吉が死去する半年ほど前のことです。
これにちなんで、花見の季節には全山で花見会が行われています。

上醍醐へは険しい山道を登って行く事になります。

醍醐寺は、もちろん有名な桜の名所であり、また紅葉の名所でもあります。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで醍醐寺について調べる。

写真

googleで醍醐寺の画像を検索

地図

〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

大きな地図で見る

「醍醐寺」近隣の観光名所、施設

  • 法界寺:真言宗醍醐派別格本山の寺院で、国宝「阿弥陀堂」「阿弥陀如来坐像」、その他重要文化財を有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です