哲学の道

哲学の道

哲学者「西田幾多郎」が散策し思索した、銀閣寺橋から若王子神社あたりまでの道を「哲学の道」といいます。
以前は「思索の小径」と呼ばれていましたが、その後「哲学の道」と呼ばれるようになりました。
日本の道100選にも選ばれている、春には桜が美しい小道です。。

「哲学の道」近隣の観光名所、施設

  • 法然院:谷垣潤一郎や河上肇ら多くの著名人の墓地があります。浄土宗の開祖「法然上人」が六時礼拝を行ったといわれる草庵跡に建てられた寺院です。
  • 慈照寺(銀閣寺):室町幕府 八代将軍足利義政によって建てられた、東山文化を代表する建築物です。京の三閣(他、金閣・飛雲閣)の一つです。
  • 南禅寺:南善寺の山門は石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな。春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。この五右衛門の目からは、値万両、万々両・・・」というセリフでも有名です。
  • 真如堂(真正極楽寺):紅葉の名所としても有名な寺院で、紅葉の季節には多くの観光客が訪れます。
  • 永観堂(禅林寺):弘法大師(空海)の弟子「真紹僧都」によって創立された寺院です。「モミジの永観堂」と呼ばれ、美しい紅葉の名所としても有名です。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで哲学の道について調べる。

写真

googleで哲学の道の画像を検索

地図

〒606-8406 京都府京都市 左京区浄土寺石橋町

大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です