【B】伏見稲荷大社の楼門にいるキツネ

伏見稲荷大社のキツネ
伏見稲荷大社のキツネ
 伏見稲荷大社といえば有名なのは、鳥居が無数に並びまるでトンネルのようになっている千本鳥居ですが、稲荷大社である以上きつねを無視することはできません。(^^)

 重要文化財に指定されている伏見稲荷大社の楼門前には、狛犬のように門の前に座るきつねの像が置かれています。左のキツネは鍵を、右のキツネは宝珠をくわえています。稲荷山には多くのキツネが祀られて、それぞれ違うものをくわえているそうです。

 千本鳥居を通った後は、いろんなキツネを探してみるもの楽しい観光の思い出になると思います。

伏見稲荷大社のキツネ
伏見稲荷大社のキツネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です